« 2024年5月 | トップページ

2024年6月18日 (火)

モンスターロール

Monsterrolle / Schmidt / Janet Kneisel作
2~4人 6歳以上 15分

Monsterrollebox

Monsterrollecards

 自分のモンスターカードの横にトイレットペーパーカードを並べてできるだけ長くすることが目的です。
手札は常に5枚です。手番には2枚のカードを出すことができます。自分のトイレットペーパーを長くするには、隣のカードと同じ色が続くように出します。また、他の人のトイレットぺーバーを途中で切断するカードを出すこともできます。この場合切断した後の両サイドのどちらかのトイレットぺーバーの色と切断するカードの地の色が同じである必要があります。ただし、色がちゃんと合うカードを持っていれば修復も可能です。
 ゲームは途中2回を含め3回の得点計算のタイミングがあります。そのタイミングで、自分のトイレットぺーバーの列で、一番長い部分のみが得点になります。
 3回の合計が一番大きな人の勝ちです。


2024年6月 6日 (木)

アカデミー

The Academy / Amigo社 / Manny Dominguez作
3~4人 / 10歳以上 / 30分

Box_20240606161201
__jp

 ラウンドによって変わる役割・ルール・切り札にうまく対応して、役割ごとに設定されている目標達成を目指すトリックテイキングです。
 ゲームの最初に、スタートプレーヤーから時計回りに、「キャプテン」・「マスターマインド」・「チームプレーヤー」・「レヴェル」(4人プレイの時のみ)の役割カードを配ります。「キャプテン」と「チームプレーヤー」は2人の合計獲得トリックが、「マスターマインド」より多くなることを目指します。「マスターマインド」は逆に、「キャプテン」と「チームプレーヤー」の2人の合計獲得トリックと同数以上を目指します。2対1で人数的に不利ですが、「マスターマインド」は、配られた手札を見てから、ラウンドのルールもしくは切り札を決める権利があります。「レヴェル」は獲得したトリックのカードに、3種類以上のスート(カードの色)があることを目指します。
 各ラウンド終了時に、役割ごとに目標達成できたかを確認し、達成できているプレーヤーには、メダルを1つ渡します。そして、ラウンド終了時にメダルを3つ獲得し且つ、「紫の7」のカードを獲得していたプレーヤーがいれば、そのプレーヤーの勝利となります。
 ただ単純にトリックを取れば良いだけのトリックテイキングではなく、毎ラウンド変わる役割や状況に応じたプレイが重要となるゲームです。

ゴッドマザー

Die Patin / Zoch社 / Pim Thunborg作
2~5人 / 12歳以上 / 1人あたり30分

Box_20240606152201
Context_20240606152201

 ビースティ・タウンのマフィアのゴッドマザーとなり、他のとの街の覇権争いを行うゲームです。
 各プレーヤーはゲーム開始時の縄張りの区画を決め、その区画を自分の色のバーで囲ってゲームスタートになります。
 各プレーヤーは、毎ラウンド開始時に、このラウンドで行うゴッドマザーコマのアクションを、3つの中から決め、対応するタイルをゴッドマザーコマの下に伏せて置きます。全員がタイルを選び終わったら、スタートプレーヤーから順番に手元にあるゴッドマザーコマと子分コマ(最初の手番では合計4個)の中から1つを選び、ゲームボードに配置し、その後アクションを行います。
 子分コマを配置した場合は、縄張りの中に置いた時と、縄張りの外に置いた時のアクションが異なるため、対応するアクションを行います。
 ゴッドマザーコマを配置した場合は、ラウンドの最初に伏せていたタイルを表にして、描かれているアクションを行います。
 コマのアクションは、自分の縄張りを強化したり、縄張りを拡張するものとなっております。
 全員が全てのコマを配置したら、ラウンドの終了となり、5種類あるミッションのうち達成できている物を確認します。達成できている物があれば、達成したラウンド数が書かれている自分のタイルを、対応する箇所に置きます。各ミッションは、達成できるのはゲームを通して1回ずつであり、また各ラウンドで達成できるミッションも1つとなっています。複数のミッションが達成できる場合は、1つを選んでタイルを置きます。
 以上を1ラウンドとして5ラウンドを行い、最も得点を多く稼いだプレーヤーの勝利となります。

樽いっぱいで進め

Volles Fass Voraus / Zoch社 / Giansimone Migoni作
2~4人 / 10歳以上 / 40分

Box_20240606150301
Context

 船の船長となり、商品である樽を買い付けたり売却することで、金貨を稼ぐゲームです。
 このゲームは時計回りに手番が来るのではなく、前回どの位置に移動したかによって、手番順が変わります。各港タイルのうち、ゲームボード正面から見て、より左側にいるプレーヤーから手番を進め、次の港タイルへと移っていきます。移動したら、直ちに移動先のアクションを行うことができます(任意と強制の物あり)。マスには樽を獲得できるものや、販売できるもの、各種カードを獲得できるもの、手持ちの何かを失うものがあります。
 樽は手持ちの甲板タイルに自由に積み込むことができますが、販売する際は甲板タイルの下部に向かって真っすぐ真下に移動させたときに、他の樽にぶつからない物しか販売できません。ですので、積み込む際には注意が必要です。
 また、カードには、水夫カードと宝の地図カードの2種類がありますが、水夫カードは各マスで行うアクションを強化するものとなっており、宝の地図カードは最終的に金貨となるものになっております。
 ゴールの港タイルに全員移動して、最も金貨を多く稼いだプレーヤーの勝利となります。 

« 2024年5月 | トップページ