« パール | トップページ | スピード掛け算 »

2019年5月15日 (水)

ラマ

L.A.M.A. / Amigo / Reiner Knizia作
2~6人 8歳以上 20分

Lamabox

Lamacards1000

 カードは1~6とラマです。
 6枚ずつ手札を配り、山札から1枚表にして置きこれを捨て札の最初のカードとします。
 手番になったらできることは3つです。
 1.手札を1枚プレイする。プレイできるカードは捨て札の山の一番上のカードと同じか1つ大きな数字カードです。ラマはラマか6の上にプレイできます。ラマの上にはラマか1がプレイできます。つまりラマは6と1の間の数字のような役目です。
 2.カードを山札から1枚引く
 3.ラウンドから抜ける。手札に残ったカードを伏せてラウンドから抜けます。残ったカードがマイナス点です。ラマはマイナス10点です。ただし、数字もラマも同じものは1枚だけマイナスになります。傷を深めないためにラウンドから抜ける手もあります。
 誰か一人が手札を無くすか、すべてのプレーヤーが抜けたらラウンド終了です。マイナス点分のチップを受け取ります。白はマイナス1点、黒はマイナス10点で、いつでも両替できます。
 ゲームは何ラウンドか行いますが、もし手札を無くしてラウンド終えることができたら、マイナスポイントのチップを1枚(たとえ10ポイントの黒でも)ストックに戻すことができます。
 誰か一人がマイナス40ポイント以上になったらゲーム終了です。もちろんマイナス点の少ないプレーヤーの勝ちです。

 

 

 

« パール | トップページ | スピード掛け算 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パール | トップページ | スピード掛け算 »