« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月29日 (土)

トゥラガックス

Trakkx / Schmidt / Thade Precht作
2~4人 8歳以上 40分

Trakkxbox

Trakkxtiles

 手元のタイルをルールに合わせてすべてテーブルに出せたプレーヤーの勝ちです。
 2次元方向に出せる「ラミーキューブ」といった感じです。
 タイルは、4色1~14各2枚のほかに2種類のアクションタイルが2枚ずつあります。まず、各プレーヤーは15枚ずつタイルを取ります。そのほかに、6枚のタイルを補充用のタイルとして表にして並べます。残ったタイルは袋の中に入っています。
 自分の番になったできることは、3種類です。

  • 表になっている補充用のタイルまたは袋の中から1枚タイルを取ること、
  • アクションタイルを1枚プレイすること
  • 1枚以上のタイルをテーブルに出すことです。
 1枚以上のタイルを出す場合、基本はセット(同じ数字で違う色のが3または4枚組)または、シーケンス(同色で3枚以上の連続数字)がいずれの方向にもできていなければなりません(ある方向に1枚だけあるのはOKですが、2枚になってはいけません。3枚以上並んでいたらそこはセットまたはシーケンスでなければなりません)。ゲームの序盤ではまず各プレーヤーが3枚上でセットまたはシーケンスを出して自分のグループを作らなければなりません。そしてすべてのプレーヤーが1つずつグループを作ったら、ほかのプレーヤーのグループに付け足したり組み替えたりすることができるようになります。全体でのグループの数はプレイ人数以上にできません。そのため、新たにグループを始めるには、既存のグループを組み替えて合体させるしかありません。
 ラミーキューブと違ってタイルを2次元方向に出せますが、グループの数に制限があります。

2015年8月19日 (水)

ハリーホッパー

Harry Hopper / Kosmos / Forian Nadler作
2人(または2チーム) 6歳以上 20分

Harry_hopperbox

Harry_hopperparts


 自分のバッタを飛ばして、同じ色の柱を倒すゲームです。バッタのしっぽ部分を押してから離すとバッタがジャンプします。うまく方向と距離を合わせて自分の色の柱だけを倒すようにします。
 英語ですが、見本市でのデモがYoutubeにあります。
https://www.youtube.com/watch?v=cJXIwVrhVtg

2015年8月13日 (木)

タウシュラウシュ

Tausch Rausch / Ravensburger / Rudiger Dorn作
2~4人 8歳以上 25分

Tausch_rauschbox

Tausch_rauschcards


 手札の数字カードを交換しながら、目的カードにあるセットを作るゲームです。
 手札になるカードには4色で各1~10の数字が書かれています。目的カードには、いろいろな指示が描かれています。例えば、特定の色のカードが5枚とか、足してちょうど9になる2枚とか、4枚で合計が23以上になるとか、色と関係なくストレートを形成する5枚とかフルハウスとかフォーカードとか、合計24枚のカードが用意されています。この目的カードを5枚表にしてゲームスタートです。テーブルの上には1,2,2,2,3の数字が書かれた市場カードとその数字と同じ枚数の数字カードが置かれています。
 手番になったらできることは、2種のうちどちらか片方だけです。
 市場カードの空いてる方に、数字と同じ枚数の数字カードをプレイし、反対側の数字カードを取り、山札から1枚手札に補充します。つまり、市場カードでは同じ枚数のカードを交換し、そのほかに山札から1枚得るのです。もう一つは目的カードを獲得することです。表になっている目的カードに対応するカードセットができたらそれを捨てて目的カードを獲得します。この時に目的カードの描かれたボーナスを数字カードの山札からとり手札に加えます。
 これを続けて目的カードを5枚獲得したプレーヤーの勝ちです。
 手札と、市場カードに置かれているカードおよび目的カードをよく見て、うまい交換をするゲームです。わかりやすくてテンポの良いゲームです。

2015年8月 1日 (土)

エルグランデビッグボックス

El Gande Big Box / Hans im Gluck / Wolfgang Kramer & Richard Ulrich作
2~5人 12歳以上 90分

El_gande_big_box

El_gande_big_boxboard 1996年年間ゲーム大賞のエルグランデ+拡張セット6種です。
 拡張セットは大きく分けると4種類です。
 「王と陰謀」Koenig & Intrigantは基本セットのパワーカードとアクションカードを取り除き、この2つがセットになったカードを加えるもので、97年に発売されたオリジナルバージョンに加え、98年に発表になったプレーヤーズエディション、とスペシャルエディションがすべてセットされています。
 そのほかに、97年に発売された「異端審問官と植民地」Grossinquistor & Kolonien、2000年に発売された「グランディシモ」Grandissimoと簡単な記念拡張セットが入っています。
 盛りだくさんのエルグランデで、一つ一つ味わってから次の拡張セットに挑戦してください。


« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »