« パフィューム | トップページ | 庭には二羽ニワトリがいる »

2015年6月17日 (水)

ヤク

Yak / Zoch / Bono Light作
2~6人 8歳以上 20分

Yakbox

Yakcards カードは4種類の動物のカードの1,2,3及びジョーカーの1,2,3と3種類の特殊カードです。
 よく混ぜて各プレーヤーに手札を配ります。残りは山札です。手番になったら、カードを1枚伏せてテーブル中央にプレイし、すでにプレイされているいずれかの動物カードの数字の合計を宣言してカードを補充するか、カードプレイを行わず前のプレーヤーの宣言を疑うかです。宣言する場合は、前のプレーヤーが宣言した動物でより大きな数字を宣言するか、より大きな動物で同じ数を宣言するかです。前のプレーヤーの宣言を疑ったら、プレイされたカードをすべて表にして、宣言が正しいかどうかチェックします。宣言した数字より実際が同じか少ない場合は宣言が正しいことになります。宣言が正しかった場合は疑ったプレーヤー、間違っていたら宣言したプレーヤーがこれらのカードを引き取り自分の前に置きます。ゲーム終了時にこのカード枚数が最も少ないプレーヤーの勝ちです。
 なお、ジョーカーは最後に宣言された動物カードとして扱います。「!」はプレイされたすべてのカードが最後に宣言された動物カードとして扱います。「1」はプレイされたカードがすべて1のカードとして扱います。ストップカードが奇数枚プレイされていたら、「!」と「1」のカードは無効となります。偶数枚なら有効です。
 このゲームは台湾のSwan Panasiaから2013年に発売された、Bluff in Zoo(ほらふき動物園)のドイツ語版です。

 

« パフィューム | トップページ | 庭には二羽ニワトリがいる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パフィューム | トップページ | 庭には二羽ニワトリがいる »