« ごきぶりループ | トップページ | ウィーン »

2015年6月 3日 (水)

棺桶の中

Saerge Schubsen / Drei Magiel / Thierry Chapeau作
2~6人 8歳以上 15分

Sage_schubsenbox
Sage_schubsentiles
 すべてのプレーヤーは4枚ずつバンパイアカードを受け取り、表にして自分の前に並べます。また、テーブル中央にはにんにくカードを置きます。バンパイアカードには、3種類のマークが2色のいずれかで書かれています。つまり2×3の6種類のカードがあります。
 プレーヤー一人が2個のサイコロを同時に振ります。1つのサイコロの各面にはいずれかのマークが描かれています。もう一つのサイコロにはいずれかの色または「!」が描かれています。振った眼の組み合わせ(例えば[紫]と「コウモリ」)と同じバンパイアカードを自分の前に置いているプレーヤーは素早くテーブル中央にあるにんにくカードを叩きます。間違えていなかったら、最初に叩いたプレーヤーの対応するバンパイアカードを1枚裏にします。また、すでに、裏になっているカードに対応するものがある場合は、やはりすばやくたたき、あっていればこのカードを横によけることができます。横に4枚最初によけることができたプレーヤーが勝ちです。
 もし、他のプレーヤーの前にサイコロに対応するカードが裏になっていることが分かって叩いた場合、間違っていなければそのカードは表向きに直されます。
 片方のサイコロの目が「!」の場合はちょっと複雑です。最初ににんにくカードを叩いたプレーヤーに特殊なメリットがあったり、逆に叩いてはいけない場合があります。
 反射神経と記憶力の楽しいゲームです。

« ごきぶりループ | トップページ | ウィーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ごきぶりループ | トップページ | ウィーン »