« カルカソンヌ 南洋 | トップページ | おばけキャッチ 名人技 »

2013年11月27日 (水)

ポルターファス

Polterfass / Zoch / Andreas Schmidt作
3~6人 8歳以上 20-30分

Polterfassbox

Poterfasscontents_2

 各プレーヤーは、順番に酒屋の店主となり客と酒の取り合いの駆け引きをおこないます。
 店主役のプレーヤーは、数字が書かれた樽7個と赤い特殊樽2個をダイスカップに入れてコースターの上に振ります(ダイスカップを伏せて持ち上げる)。この時に数字が描かれた樽が少なくとも1つ立っているまでこれを続けます。
 ここで客のプレーヤーは、0~7までのカードのうち1枚または2枚を選らん伏せて置きます。これはその客が注文する酒の量です。
 みんながカードを伏せたら、店主は立っている樽のコースターの横に置き、残った樽を振り直すことができます。特殊樽は立っていても振り直すことができます。
 振り直して、立っている樽が全くなかったら店主の失敗です。立っている樽が1つでもあれば、振り直しを続けることができます。
 振り直して、立っている樽が1つもなかった場合には、すべての客のカードを表にし、その分の得点が各プレーヤーに与えられます。店主は0点です。
 振り直さなかったり、振り直した後で立っている樽がある状態でそれ以上の振り直しをしなかった場合には、まず特殊樽の処理を行います。特殊樽は2種類で、立っているいずれかの樽の数字を無くしてしまうものと倍にするものです。こうして立っている樽の合計を計算します。これがこの店主が客に対して提供できる量です。ここで客のカードを公開します。もし、提供できる量が客の注文に対応できたら、客はカードの得点を得、店主は残りの量の得点を得ます。
 もし、客の注文が提供できる量を超えていたら、すべて店主のものとなります。そして、一番多く注文した客は、注文した量のマイナス点を得ます。最も少なく注文した客は、最も多く注文した客の得点をそのまま得ます。
 店主が何度も振り直して多くの量を提供できると思えば、多くの注文をすればよいのですが、振り直さなかったら大きなマイナスです。客のすべてが少ない注文をしていると読んだ店主が振り直しを行い多くの量を提供したら、大きなプラス点です。
 樽の目を予想するだけでなく、店主の性格を見抜いてうまい量の注文を出すのがポイントです。

« カルカソンヌ 南洋 | トップページ | おばけキャッチ 名人技 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カルカソンヌ 南洋 | トップページ | おばけキャッチ 名人技 »