« 2011年 メビウス ゲーム販売数ベスト20 | トップページ | アクイレイア »

2012年1月11日 (水)

ハワイ

Hawaii / Hans im Gluck / Gregory Daigle作
2~5人 10歳以上 60-90分

Hawaiibox200

Hawaiiboard500 ハワイ島を歩き回って、色々なものを集め自分のエリアにいくつかの村を作って勝利点を得るゲームです。
 ハワイ島内に10のエリア、近くに4つの島があります。プレーヤーは、手番になるといずれかのエリアに移動します。この時、移動距離により移動力(足)を失います。そして、そのエリアに置かれている価格チップ1つを取りそこに書かれた金額(貝または果物)と同じかその倍を支払います。そしてそこに置かれているタイルを自分のエリアに配置するのです。お金を倍払った場合には、より効果の高いタイルを取ることができます。
 ラウンドごとに移動力(足)とお金(貝)は支給されますが、ラウンドを重ねるほど支給量が減ります。逆に効果のあるタイルを自分のエリアに持っていると、移動力やお金を追加で得られます。また、近くの島へ行くための船を得たり、最終得点に関係するタイルもあります。
 ラウンドごとの得点は、受け取った価格チップの合計が影響します(支払った金額ではありません。倍払ったとしても価格チップの数字は変わらないのです)。ラウンドごとに決められた金額以上の価格チップを集めたプレーヤーのみが得点します。その中でも1位と2位のプレーヤーにはより多くの得点が与えられます。これを得るためには、確実な収入が必要です。また、移動力がないとほしいタイルにたどり着きません。最終得点計算では、「ティキ」や「カフナ」と呼ばれるものを集めていないと得点を得られません。そのほか、能力の高い神様を集めるのもいいかもしれません。
 場所、手持ち金、全体の状況など、いろいろ考慮するべきものが多い戦略ゲームです。

 

« 2011年 メビウス ゲーム販売数ベスト20 | トップページ | アクイレイア »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年 メビウス ゲーム販売数ベスト20 | トップページ | アクイレイア »