« アーサー王 | トップページ | ゲームマーケット2011春に発売予定ゲーム »

2011年6月10日 (金)

パリスコネクション

Paris Connection / Queen / David V.H. Peters作
3~6人 8歳以上 30分

Parisconnectionbox200

Parisconnectionboard500 舞台がフランスの鉄道敷設ゲームです。
 このゲームには6つの鉄道会社(色違い)が登場します。ゲーム終了時に価値の高い鉄道会社の株券を多く持っていて資産が一番多いプレーヤーの勝ちです。
 このゲームに登場する汽車コマはボード上に置かれたらその鉄道会社の線路として扱われ、プレーヤーの手元に置かれたらその鉄道の株券として扱われます。
 ゲームが始まる前に、すべての汽車コマを袋に入れ、そこからプレイ人数に応じた数を各プレーヤーが取ります。これが初めに持っている株券です。
 すべてのプレーヤーが汽車コマを取ったら、袋の中の汽車コマをすべて出し、それぞれの会社のボードに並べます。これにより、常にどの会社のコマがどのぐらい残っているかがわかります。
 手番になってできることは2種類です。

  • どれか1種類の汽車コマを1~5個取り、鉄道を敷設する。すべての鉄道会社はパリを起点として、つながっているように敷設する必要があります。また、この鉄道会社が都市につながることにより、価値が上がります。平原のマスには2つまでの鉄道会社が敷設することができます、それぞれの都市に入れるのは1つの鉄道会社だけです。
  • 自分の持っている汽車コマ(株券)1つを会社のボードに戻し、別の会社の汽車コマを2つまで取る。これにより、株券を増やすことができます。ただし、規定数以上に持つと失点になります。

 これを、いずれかの鉄道会社がフランス南部のマルセーユまで鉄道を延ばすか、残りの汽車コマが1社だけになるまで続けます。
 価値が上がりそうだと思って、その会社の株券を取りすぎると、敷設のための汽車コマが不足し、価値が伸び悩みます。効率の良い敷設とバランスが良い株権獲得がポイントです。

      

« アーサー王 | トップページ | ゲームマーケット2011春に発売予定ゲーム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アーサー王 | トップページ | ゲームマーケット2011春に発売予定ゲーム »