« マンマミーア・プラス | トップページ | メイクンブレイク・チャレンジ »

2009年7月29日 (水)

動物博士

Manymals / Adlung / Bernhard Naegele作
Manymalsbox200

Manymalscards500

56枚の動物が描かれたカードがあります。このうち40枚ほどをテーブルに並べてゲームをはじめます。並べられたカードのうち1枚を表にします。この上の虫めがねが描かれた部分に合う動物カードを取るのです。たとえば「卵を産む動物」「毛が生えている動物」「足が6本以上ある動物」などです。
各プレーヤーは一斉にあっているというカードをテーブルからできるだけ多く取ります。みんなが取り終わったら、取ったカードを裏にします。ここには、その動物のことが図で示されています。たとえばたまごの絵があれば、それは卵を産む動物だということです。正解カードを多く取ったプレーヤーが得点を得ます。
遊びながら動物のことを覚えられるゲームです。知っているつもりでも結構知らないことが多いのです。

« マンマミーア・プラス | トップページ | メイクンブレイク・チャレンジ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マンマミーア・プラス | トップページ | メイクンブレイク・チャレンジ »