« 明(みん) | トップページ | パトリツィア »

2007年9月21日 (金)

パンダ・ゴリラ

Panda, Gorilla & Co. / Schmidt / Peter Wichmann作

Pandagorillabox_2 

Pandagorillaboard

Pandagorillaboard1

みんなで動物園を作るゲームです。
というと、「な~んだゲーム大賞を取ったズーロレットの二番煎じか」といわれそうなゲームです。
でも、6月末に大賞が決まり9月の発売なのでズーロレットを意識して作るということはなかったでしょう。二番煎じ扱いされてかわいそうなゲームになりそうです。
しかし、ゲームシステムは「カルカソンヌ」にかなり似ています。ゲームボードに順番に道タイルを配置し、配置した道タイルにコマを置くことができるなど、ほとんどカルカソンヌのルールです。
道タイルを配置することにより、道またはゲームボードの端で囲まれたエリアが完成します。完成したエリアに、動物タイルを配置するかがポイントです。道タイルに配置するコマには3種類の大きさがあります。同一エリアには同じ大きさのコマは配置できません(エリアの結合などで結果的に複数置かれるのはOK。これもカルカソンヌ)。大きなコマは大きな動物タイルを配置します。大きな動物タイルが配置できたら、高得点になります。しかし、完成したエリアが小さすぎる場合には、置けないので得点になりません。また、大きなエリアが完成した場合には、大きな動物タイルを複数置くことができます。もちろんその分得点になるのです。そして残ったエリアに、順番に中ぐらいのサイズの動物タイル。最後に残った隙間に可能なら小さい動物タイルが置けます。置けた動物タイルにより、対応するコマを置いたプレーヤーが得点します。
将来を見越して、どのコマを置くかがポイントです。
動物タイルには、いろいろの動物が描かれており、本当に動物園を作っている感じにさせてくれます。

« 明(みん) | トップページ | パトリツィア »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明(みん) | トップページ | パトリツィア »