« マウ・マウ vs. マウ・マウス | トップページ | LEXIO »

2006年9月 7日 (木)

将軍

将軍 Shogun / Queen Games / Dirk Henn作

Shogun_cover

 ヴァレンシュタインのリメイクです。今回は戦国時代の日本を舞台にして、誰が将軍になるかというものです。

 武将キャラクターは、上杉謙信、毛利元就、徳川家康、武田信玄、羽柴秀吉の5人。

 基本的なシステムは、ヴァレンシュタインと同じです。一番大きな違いは、プレイ順の決め方です。ヴァレンシュタインでは、ラウンドごとに完全にランダムで決めていましたが、今回は、競と特典カードの組み合わせです。ラウンドでの特典(余分に収入があったり、戦力を増やせたり)が示されたカードがランダムで、プレイ順を示す場所に並べられます。高額のビットをしたプレーヤーから順にどの特典カードを取るかを決めます。そのときプレイ順も決まるのです。

 ゲームボードもリバーシブルになっています。それぞれの国の配置が少し違うようです。

 ヴァレンシュタインより、思い入れを持って国取りを目指すことができそうです。

 10月発売予定。

« マウ・マウ vs. マウ・マウス | トップページ | LEXIO »

コメント

パッケージのデザインはなかなかカッコいい
ですね。しっかり日本っぽく見える気がしま
す。無理してカタカナでタイトル入れたりし
てませんし(笑)。それにしても、このタイ
ミングで日本の戦国を舞台にするとは、ドイツ
でも大河ドラマは見られているのか?って
思ってしまいました...。

ドイツでも、日本のMANGAのおかげで日本文化が知られるようになっているのかもしれませんね。

メビウスママも「将軍」の記事を書いています。読んでね。

「将軍」の話が春先からあがっていたんで
すね。勿論、ブロフは読んでいましたが、
忘れてました。

欧米の方には「漢字」ってのは魅力的な文字
に見えるのでしょうね。残念ながら、BOX
には漢字は使われていないようですが、中身
は楽しみです。

Shogunの月代が気になるぅ。
ちょっとラテンアメリカン系ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将軍:

» [ボードゲーム]ショーグン [shinogu diary]
 売り切れだったヴァレンシュタインが新版になって帰ってくるそうです。欲しい。 [続きを読む]

« マウ・マウ vs. マウ・マウス | トップページ | LEXIO »